さまざまな原因で片耳だけに高音の耳鳴りが生じる事があります

スポンサーリンク

耳をぶつけたりした覚えがないのに朝目覚めるとキーンとした高音の耳鳴りがしていることがあります。
時間が経つと治まることもあれば、耳が塞がれたような難聴を伴って片耳に耳鳴りが持続的に鳴っている場合には、耳鼻咽喉科の早期受診が必要です。
聴力検査を行うと、どの音域が聞こえにくいのか、耳鳴りはどの程度の高音なのか具体的にグラフ化することができます。
このグラフをオージオグラムといい、片耳づつ調べる事で、難聴などの原因を探ります。
突発性難聴は、基本的には片耳に発症し、高音の耳鳴りと共に閉塞感に襲われます。
早期の治療により回復しますが、時間が経つごとに回復の見込みが立たなくなります。
いつもと違う耳の症状が出た際には、早期治療で原因を確認しましょう。

スポンサーリンク

耳鳴りが発症する原因はさまざまあります。
日頃の生活から受けるストレスが大きい場合や、加齢から来るもの、工場のような大きな音のする環境で仕事をしている場合などが挙げられます。
コンサート会場で大音量で音楽を聴いた際に起こるような外傷性難聴は安静にすることで回復しますが、老人性難聴は補聴器などの補助器具により対応していきます。
本人にとって負担となる生活環境からくるものは、突発性難聴や、めまいを併発させるメニエール病を発症させる恐れがあり、薬物療法により治療していきます。
内耳周辺のリンパの流れを改善したり、血流を良くすることによって回復することがあります。
また、内耳周辺から聴神経にかけて腫瘍ができ、周辺器官を圧迫させることで不具合が生じる事もあり、画像検査による確認も合わせて行いましょう。

スポンサーリンク