ライブの耳鳴りの治し方について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、耳鳴りを感じる人がいます。
何もしていない状態でも耳鳴りを感じる人がいますが、このほかにライブに行った後にこのような症状を感じるという人もいます。
またライブだけではなく、新しい環境で働くようになったときに、機械の音がうるさくて耳鳴りがするというケースもあります。
若い人がライブに行くと言うことがありますが、ライブでは大きな音を聞くことが多くなっています。
また大きな音がするヘッドホンを付けているときにもこのような症状を感じることがあります。
なぜこのような症状が現れるのかというと、それは内耳という部分にある蝸牛の感覚細胞が傷つけられているからです。
これは音響外傷と呼ばれていますが、耳の痛みを伴うこともあります。

スポンサーリンク

耳の痛みの他に軟調になってしまうということもあります。
この音響外傷という症状になると、聴力が戻らなくなってしまう可能性が高くなります。
しかし治し方としては早期に治療を行うことで回復の可能性が高くなります。
どのような治し方があるのかというと、基本的な治し方としては投薬治療が行われています。
どのような薬が処方されているのかというと、ステロイドと呼ばれる副腎皮質ホルモンとなっています。
このほかには血流改善薬や末梢血管拡張剤なども処方されるようになっています。
症状によっては星状神経節ブロックというものが行われることもあります。
これは耳鳴りの治療に一定の効果があります。
音響外傷にならないためには、普段の生活でヘッドホンを付けて長時間音楽を聴かないというように気をつけるようにします。スポンサーリンク