耳鳴りがボコボコ聞こえてくる症状と治療法について

スポンサーリンク

急に耳鳴りがしてきたら、自然におさまることが多いですが、不安に感じこともあります。
耳鳴りの音は、キーンとか、カチカチとか様々で、ボコボコと聞こえてくる人もいます。
ボコボコする耳鳴りの原因は、三つあります。
一つめは「筋肉のけいれん」です。
耳の周囲や中耳の周りの筋肉のけいれんによって、ボコボコという耳鳴りが聞こえる症状です。
二つめは、「気圧の変化」です。
耳管が狭くなっている時に、ボコボコと音がする症状です。
もともと耳管の狭い人は、気圧の変化がある度に音がしやすくなります。
三つめは、「滲出性中耳炎」です。
中耳炎とは違って痛みがありません。
耳が詰まったような感覚がして、自分の声が頭の中で響くような感じの症状です。

スポンサーリンク

これらの症状の治療法は、次のようなものがあります。
「筋肉のけいれん」と「気圧の変化」については、ほとんど長引くこともないので、自然におさまることが多いです。
「気圧の変化」は、乗り物に乗った時に感じられるものが多く、耳抜きをすれば治ります。
耳抜きのやり方は鼻と口を閉じた状態で、耳に空気を送り込むようにすると抜けていきます。
そして「滲出性中耳炎」の場合につきましては、耳鼻科などで適切な治療を受ける必要があります。
耳管通気や鼓膜切開などの治療法があり、治療も長引く可能性もあります。
耳鳴りが治ったからといって治療をやめてしまったりしたら、再発の恐れもあります。
ですから自分での判断だけではなくて、自分に合った治療法を、きちんと相談しながら治していくと良いです。

スポンサーリンク