右耳・左耳の耳鳴りジンクスについて

スポンサーリンク

耳鳴りになった事がある人は、多いでしょう。
その種類は様々です。
機械音のような甲高い音から、ガサガサとした低い音まで、千差万別です。
耳鳴りの多くの原因は、病気によるものだとされています。
そのため、頻繁に耳鳴りがある人は病院に相談した方が良いのですが、別の考え方があるのはご存知でしょうか。
 耳鳴りが右耳で起こっているのか、左耳で起こっているのかによって、ジンクスが存在するのです。
今回は、その耳鳴りジンクスについて解説してみたいと思います。
 右耳に耳鳴りが発生した場合、耳鳴りジンクス的には『あなたの事を良く言う人がいる』という意味を持ちます。
つまり、良い事の前触れとなります。
もちろん、病気の事も考える必要もありますが、それと同時に良い意味もあるのです。

スポンサーリンク

 それとは逆に、左耳に耳鳴りが発生した場合、耳鳴りジンクス的には『あなたの事を悪く言う人がいる』という意味を持っています。
病気の事も併せ、悪い意味があるという事を考える必要があります。
 また、来客についてのジンクスもあるそうです。
右耳での耳鳴りがあった場合、身近な人が来客する予兆だとされています。
つまり、自分の親しい人・好意のある人がやってきます。
 しかし、左耳での耳鳴りは正反対の意味となります。
遠い場所からの、あまり親しくない人がやってきます。
 このように、耳鳴りがどちらの耳で発生しているのか、にはジンクスがあります。
もし耳鳴りが発生したら、病気も疑うと同時に、これらのジンクスの事を思い出してみましょう。

スポンサーリンク