低音の耳鳴りと霊の関係とは

スポンサーリンク

オカルト的な話の中に、低音の耳鳴りは霊が関係していると言うものがあります。
近くに霊がいる時には低音の耳鳴りがするので、その様な時には注意が必要だとされています。
一般的に耳鳴りは高音の場合の方が多くなっています。
キーンと言う音が断続的に聞こえる症状が最も多く報告されています。
一方低音の場合はトンネル内で聞こえるような、ややこもったゴーやボーと言うような音が継続して聞こえる様になっています。
基本的に低音の耳鳴りは高音のものよりも危険性は低いとされています。
気圧の変化や肩こり血行不良などが原因とされていますので、危険性は低いと言えます。
ただしその他にも眩暈などの症状が見られる場合には、メニエール病の可能性がありますので医師の診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

現在でも科学的に霊の存在は証明されていませんが、逆に完全に否定されてもいません。
したがって、低音の耳鳴りは霊の存在が関係している可能性はゼロとは言い切れません。
また症状が続くことで気分が落ち込んでしまい、それがストレスになり体に悪影響を及ぼす事があります。
そうなってしまうと、いわゆるオカルト的な体験をするようなケースも報告されています。
なお、お祓いに行ったところ症状が改善されたと言うケースも報告されています。
科学的な証明はなされていませんが、その様なケースもある以上完全に否定する事もできないと言えます。
なので病院に行っても原因不明の場合には、お寺や神社などで見てもらうと言った対応が必要な場合があると言えます。

スポンサーリンク