中耳炎の耳鳴りが治らない時にするべき事

スポンサーリンク

ここでは中耳炎での耳鳴りについて書いていきます。
まず、中耳炎とは耳の中耳と言われる部分で炎症が起こる現象で、耳に水がはいったりした時に起こる症状でプールに入ったあとに起こりやすい物です。
また子供に起こりやすいという特徴もあります。
そして、耳鳴りは分泌液(炎症によって過剰にでている)が中耳に溜まる事によって起きます。
したがって炎症が起きている最中は耳鳴りがなかなか治らない事が多いです。
しかし、治らないからといって焦って耳掃除をしたりしてはいけません。
中耳炎になっている耳は非常にデリケートな状態ですので耳掃除をしてしまうと状態が悪化してしまいより一層耳鳴りがひどくなります。
では、なかなか治らない時はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

実はするべき事は単純で、早急に耳鼻咽喉科を受診し安静にすることです。
耳鼻咽喉科では、投薬や水抜きなど個人ではできない処置をしてくれるので、耳鼻咽喉科に行くことで症状の悪化を防ぎすぐに治すことができます。
また、中耳炎は耳鼻咽喉科に行かずに放置すると合併症を発症し、難聴になる可能性もあるので、迅速に病院で処置することが重要です。
稀に耳鼻咽喉科での処置として、鼓膜切開をして水抜きをすることがありますが、鼓膜は時間が経つと再生するので安心してください。
まとめとして、中耳炎を発症した時は焦って耳に刺激を与えずできるだけ早く耳鼻咽喉科を受診し適切な処置をすることがたいせつです。
また、日頃の予防として耳に水が入った際はすぐに出す、鼻をかむ時は勢いを小さくすることなどが大切です。

スポンサーリンク