霊障・病気・ストレス…高音の耳鳴りが起こる理由について

スポンサーリンク

耳鳴りが起こることは「よくあること」と、気楽に考えない方がよいようです。
 よく、俗に高音で耳鳴りが起きるときは、霊が近くにいることが理由だとか、または病気のひとつだとも言われています。
他にも加齢により可聴域が狭まることで高音が聞こえなくなってきた時に、それが原因で起こることもあります。
 とはいっても、霊感がちゃんとあるひとなら「これは霊」「これは病気」だとわかるのでしょうが、一般人にそれは判断がつきにくいと思われます。
果たしてその見分け方などはあるのでしょうか。
 一説によれば、カビのような臭いがする場所だとか、違和感や鳥肌がたつ部屋などでは、そういった霊がいたりするといわれています。
そういったところで耳鳴りがすれば、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。
またその場合も、高音のような、自分で平気だとおもうものは安心してもよいのですが、低音や雑音があったり、違和感があるものは気を付けた方がよいということがあるようです。
 とはいっても、そういう心配がない場合は、やはり病気や加齢など、体質的なものだと思った方がよさそうです。

スポンサーリンク

 耳鳴りの原因のうち、霊的なものじゃないものとしては、加齢によるもの、騒音などを長時間聞いたとき、または病気の理由が挙げられます。
 病気としては以下の可能性が考えられます。
・老人性難聴・突発性難聴・自律神経失調症・ストレス・睡眠不足・脳腫瘍 などです。
 難聴といえばお年寄りが多そうですが、若いひとでも最近はイヤホンで大音量を聞きすぎることにより、聴力が衰えるということもあります。
気を付けましょう。
 また、ストレスによる理由ですが、ストレスのために外部からの刺激や情報を取りまないために、自律神経のバランスが崩れてしまうことによる現象です。
 高音に限らず、低音でも耳鳴りには病気が潜んでいるといいます。
不快を感じたり、症状が続くようなら一度病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク