静かなところで気になるキーンという耳鳴りの理由

スポンサーリンク

キーンという耳鳴りは、静かなところではとても気になります。
耳鳴りは、すぐに止むものから、連続的に続くものなど、症状によって違います。
静かなところで高音で頭に響くような感じがします。
耳鳴りは、空気の振動が起こっていないのに、勝手に脳が錯覚を起こして脳に信号を送ってしまうためにおこります。
耳鳴りが起こる理由として、加齢・疲れ・突発性難聴などが考えられます。
加齢に伴う症状が多いですが、聴力の低下や血行不良などの理由が考えられます。
耳の老化は意外と早い時期に始まっています。
10代で聞こえていた音が20代で聞こえないことが多いので、耳の老化は高齢者だけの問題ではないのです。
また、疲れが原因の場合、仕事や人間関係などの疲れを感じていると、静かなところでキーンという耳鳴りを感じている場合、自律神経の乱れからきていることがあります。
軽い運動を心がけ、心身ともにリラックスしましょう。
突発性難聴の場合は、早期発見・早期治療が大切です。

スポンサーリンク

静かなところで、キーンという音はとても気になります。
若い世代にも多い症状なので、やはり現代社会のストレスを多く感じている人が多いのが理由のひとつです。
正しい理由を知る為にも、最初に耳鼻科にかかると良いです。
耳そのもに原因がある場合や自律神経からくる場合の見分けが、自分ではわからないからです。
そのために、耳鼻科にかかって検査をしてもらい、自分の状態を知ってから治療に取り組むことが重要です。
キーンという音の場合、実際には聞こえていない音が聴覚神経のどこかで異常をきたしていることで、脳に間違った信号を送って音を出しています。
そんな時は、今の生活を見直してください。
十分な睡眠をとったり、休息をとるこによって体の再生能力も上がり、リフレッシュ効果も高まるので、一番の治す方法です。
自分の体のちょっとした変化に気づけるように日頃から、自分の時間を持つことを心がけて下さい。

スポンサーリンク