突然の耳鳴りでエコーがかかったように聞こえる

スポンサーリンク

何の前触れもなく耳鳴りがして、聞こえてくる音にエコーがかかっているように聞こえてくる場合があります。
片耳だけに耳鳴りやエコーが現れる場合は突発性難聴と診断されることがあるそうです。
両耳が聞こえなくなることは無く、原因は不明で、まだ詳しく解明されていないそうです。
直前に緊張性偏頭痛の治療薬を飲用していたような場合は頭痛の治癒が完全ではなく、症状の結果として耳鳴りになったと考えられます。
このようなケースでは、ステロイド等の投薬でエコーになる症状は治まったそうです。
ストレスからくるような一過性の難聴の場合、体を休める等の対処で症状が軽くなるようですが、なかなか完治するということは無いようです。
妊娠中に症状が出てきた場合などは血圧が高くなって症状が出ることも考えられます。

スポンサーリンク

耳鳴りやエコーに加えて、低音の音が聞き取りにくいという症状がある場合は、急性低音型感音難聴の疑いもあります。
すべての音ではなく低音の音だけが聞こえにくくなるのでなかなか気づくのが難しいのですが、耳がふさがったような感じで音が割れるトイウ特徴があります。
若い女性に多くストレスや慢性疲労がきっかけで発症するようですどのような場合でも早期に耳鼻咽喉科等を受信し自分の症状を医師に伝えることが大切です。
これまでの経過を説明し、純音聴力検査を行い診断してもらいます。
発症がいつから起きているのかが大切で、耳鳴りの他にめまいがないかなど詳しい問診がポイントになります。
投薬はステロイド剤やビタミン剤、血液循環改善剤などの内服薬です。
やはり、ストレスを避ける生活を送ることが重要になります。

スポンサーリンク