ボーボーという耳鳴りの症状の原因

スポンサーリンク

耳鳴りは本人しか分からない為、辛い思いを抱えて生活している方も少なくないようです。
症状の程度は人によって違いがありますが、夜眠れないほどの耳鳴りや日常生活に支障をきたすほどで悩んでいる方もいらっしゃるようです。
耳鳴りと聞くと、高齢者の方に多いように思っている方もいるようですが、20代や30代でも、これに悩まされている方も少なくありません。
この耳鳴りの症状ですが、聞こえかたは人によって異なり、キーンという高音やボーボーという低音が聞こえることもあります。
その他にも色々な音が聞こえることがあります。
耳鳴りの原因としては、耳の病気や脳の病気、全身性疾患や自律神経失調症など様々ですが、ボーボーという音が聞こえる症状は、耳管狭窄症が原因となっている可能性が高いようです。
耳管狭窄症は、耳の中耳と鼻と喉をつなぐ耳管が閉じたままになるもので、気圧の変化や喉や鼻の炎症が原因となっていることが多いようです。
風邪をひいた後にボーボーという症状がでるようになった方は、耳鼻咽喉科で検査をしてみると良さそうです。
原因がわかるかもしれません。

スポンサーリンク

ただ、耳鳴りは実は耳で聞いている訳ではなく脳が音を感じて聞こえていますので、言葉でどのような音かと聞かれると、人によって異なる言葉で表現します。
その為、例えばボーボーなのか、ブーンなのかと聞かれると分からない方もいらっしゃるようです。
早めに耳鼻咽喉科を受診するのが良さそうですが、耳鼻咽喉科では本人にしか聞こえない音について、どのような音なのか、いつから聞こえるのか、何をしている時に聞こえるのかなど詳しい症状の問診があります。
正しい判断や治療を始める為にも自分の耳鳴りの症状をしっかりと伝えることが大切になります。
原因となっていることの全部が命に関わる訳ではありませんが、中には脳梗塞や動脈瘤などによって起こる耳鳴りもあります。
音で言うとすると、ザーという音で聞こえることが多いようですが、これは片耳ではなく、ほとんどが両耳に起こります。
合わせて手足のしびれや舌のもつれ、頭痛などが現れたら緊急性もあるので、すぐに病院を受診した方が良さそうです。
全部ではありませんが、低音でもボーボーやブーン、ザーなどの聞こえる症状の音によって、原因がどこにあるのかの予想がつくときもあります。
ボーボーという音で疑われる耳管狭窄症は、耳鼻咽喉科で耳管機能検査で分かります。
放置しないで耳鼻科の医師に相談してみて下さい。

スポンサーリンク