メニエール病で耳が痛い症状

スポンサーリンク

メニエール病は初期症状の段階で治療する事で、完治させる事ができる可能性が高くなる病気であり、早期発見をする事が重要になってきます。
めまいや耳鳴り、耳が痛いと感じた場合にはメニエールである可能性があるので、耳鼻科へ診療へ行き治療を受ける事が大切です。
メニエールは耳の内側のリンパが増える事によって起こる病気であり、めまいや耳鳴り、難聴や耳閉感の症状がありこの症状を繰り返してしまう病気である為、普段の生活にも影響を及ぼします。
ストレスや睡眠不足、血流不全や気圧の変化などが原因とされていますが、しっかりとした原因が分かっていない為対策する事が難しく、症状が出たら治療する事になります。
人によってメニエールの症状は様々であり、めまいを感じない場合で難聴だけを感じる場合もあったり、その反対の場合もあるので注意が必要です。
耳が痛いと感じる事も症状の1つであり、プールに入った時などに耳抜きが出来なかったような感覚で耳が痛いと感じます。

スポンサーリンク

メニエールの病気が進行すると、耳が痛いと感じると同時にめまいや難聴をともなってしまったり、更には吐き気や気温を暑く感じたり寒く感じたりするようになります。
耳が痛いと感じるだけの場合もあり、毎日痛みを感じる人もいれば週に1回程度痛みを感じる人もいます。
治療方法としては、基本的に投薬治療が行われて浸透圧によって水ぶくれの状態を軽減させる方法で治療を行います。
ビタミンB12やステロイド剤も有効であるとされており、これらを治療に使用する事もありますが、重症の場合には神経を切除する手術をする事もあります。
鼓膜に小さな穴を開ける事でめまいに対して効果があるとされる説もあり、実際に治療として使用される事もあります。
メニエールは詳しい事が分かっておらず治療が難しいため、統計に当てはまる人は注意する事が必用です。
耳が痛いと感じたり、聞こえずらいなど少しの異変でも気が付くようにセルフチェックを行い、早期発見する事で完治する可能性が高くなります。

スポンサーリンク