メニエール病と難病申請について

スポンサーリンク

メニエール病という病気があります。
これは回転性のめまいがあって、難聴や耳鳴りというような症状が現れるようになっています。
現在では難病申請されている病気の一つとなっています。
耳がふさがったような感じが同時に現れることもあり、非常につらいものとなります。
メニエール病は難病申請されていますが、内耳疾患の一つとなっています。
誰にでも発症する可能性があるということで注意が必要となります。
メニエール病は、抗生労働省の特定疾患に指定されている難病の一つと言うことになります。
症状は個人によって違いがありますが、めまいがなく低い音だけ聞こえにくくなるというような物もあります。
難病申請されているメニエール病に関しては、次のような症状があります。
それは突発的に発症する回転性の激しいめまいというのが大きなものとなっています。
このめまいに関しては数十分続くようになっています。
めまいと同時に難聴や耳の閉塞感や吐き気を伴うことが多くなっています。

スポンサーリンク

このような症状が現れたときには、メニエール病の可能性があるので、病院でしっかりと検査を受ける必要があります。
この病気は難病申請されていると言うことで、病院ではどのような検査が行われているのかというと、体のバランスを調べる検査や眼振検査が行われるようになっています。
聴力検査も行われるようになっています。
メニエール病では、症状がめまいだけのこともありますが、この場合でも聴力検査が行われるようになっています。
はっきりとした原因が解明されていないと言うことで難病申請されていますが、ストレスをたくさん抱えている人に多くなっています。
厚生労働省が特定疾患としている病気となりますが、医療費の公費補助対象ではない難病と言うことになります。
したがって治療を受ける際にはいくつかの申請をしなければいけないと言うこともあります。
特効薬はありませんが、吐き気を抑える薬や抗不安薬や精神安定剤などが処方されることがあります。

スポンサーリンク