メニエールと退職の対処方法

スポンサーリンク

病気を発症しているときには、思うように仕事をすることができないと言うことで退職を考えることもあります。
これが難病と言うことになればさらに退職の考えが強くなってしまいます。
現在では難病と考えられている病気がいくつかありますが、その中で内耳の病気であるメニエールがあります。
会社員として働いているという人がいますが、その中で休みを取ると言うことで非常に悩むことがあります。
会社の事情によって休みを取りやすいところや取りにくいところがありますが、1週間を超えるというような休みを取るときには、会社の理解が必要となります。
その中でメニエールという病気で退職をしようと考えている人がいます。
病気と仕事を両立させることは難しいですが、メニエールの症状は個人によってさまざまとなっています症状が軽い場合には、退職をしなければいけないと言うほどでもありません。
軽いめまいがあったり少しの難聴があるというようなことが多いです。

スポンサーリンク

しかしメニエールの症状が重い場合には、立つことができないというようなめまいを感じたり、難聴が続くと言うことがあります。
こうなると会社の中で休憩時間を利用して対処をするというようなことが難しくなっています。
したがってメニエールの症状が重いという人は、入院治療をしなければいけないと言うことになります。
これが治療方法の一つとなりますが、入院は2週間から3週間が必要となります。
これでは会社に負担をかけてしまいます。
メニエールと診断されたときにはまず会社に相談をするようにします。
これが対処方法となります。
その中で病気を自己申告したからと言って退職勧告がされるというようなことはありません。
別の部署を探すというような対処方法を行ってくれることが多いです。
職場のすべての人に理解をしてもらえるように、急な発作の可能性に関して理解をしてもらうという対処方法が必要となります。
事務職の場合はそれほど会社に迷惑をかけると言うこともありません。
したがってすぐに退職を考えるのではなく対処方法を考えるようにします。
しかし高所で作業をするという人や運転手というような職業の場合は、退職をするという対処方法が必要になることもあります。

スポンサーリンク