メニエール病の治療薬による眠気の症状について

スポンサーリンク

耳の疾患であるメニエール病は、その原因がはっきりと特定されておらず国の難病に指定されています。
原因がはっきりと解明されていませんので、治療方法も根本治療ではなく対症療法となります。
そして、メニエール病の対症療法に用いられる薬の中には、眠気の副作用を有する薬があります。
 メニエール病の代表的な症状が回転性のめまいであり、処方される抗めまい作用や精神安定作用のある薬を服用することによって、めまいの症状やそれに伴う症状を効果的に抑えることができます。
ただし、前述しましたように、メニエール病の治療に用いられる薬には、眠気を生じるものがありますので服用に際しては注意が必要です。
 眠気の症状が生じるのは、抗めまい作用の薬には内耳の血流量を増加させる作用がありますので、内耳の血流量が増加することによって眠気が生じるようになります。
また、精神安定剤の中には風邪薬と同じ成分である抗ヒスタミンが含有されていますので、副作用として眠気を生じるようになります。

スポンサーリンク

 メニエール病の治療薬には、眠気を生じやすいという特徴がありますので、自動車などの乗り物を運転される際や、高所での作業、集中を要する作業を行う場合には服用しないようにする必要があります。
メニエール病に罹患すると、発作のない時には何ら問題はないのですが、発作の症状は突然起こりますし、発作が起こるとすべての仕事を中断せざるを得なくなります。
ゆえに、勤務先にもメニエール病の実態を良く知ってもらうことが重要となります。
 前述しましたように、メニエール病の回転性のめまいの発作は突然に起こります。
しかし、前兆として耳鳴りや耳の閉塞感、軽いふらつきなどの症状がある場合もあります。
前兆には個人差があるのですが、この病気を患っている患者さんの中には、ご自身の発作の前兆を把握されている場合も少なくありません。
発作の前兆を感じた場合には、無理をせず自宅で過ごすようにしましょう。
服用後には眠気が生じますので、可能な限り横になるようにしましょう。

スポンサーリンク