メニエール病で仕事を休職する場合の期間について

スポンサーリンク

難病に指定されている病気はいくつもありますが、その一つが、メニエール病です。
メニエール病は治療法が確立されていないこともあり、完治することは難しい病気でもあります。
ただし、早期に適切な治療を受けることが出来れば、症状を抑えることが出来ると言われています。
メニエール病の主な症状としては、めまいや耳鳴り、吐き気などがあります。
めまいについては、立っていられないほど激しい場合もあり、日常生活に支障をきたすこともあります。
いつ症状が出るのか、その頻度がどの程度であるのかは個人差があるために、仕事を休職せざるを得ないという人も少なくはありません。
ただし、仕事の休職期間については、どの程度の期間に及ぶのかは誰にも分かりません。
目に見える症状があるわけではありませんので、仕事を休職するとなると、周囲にしっかりと理解を求めなければ、誤解を招く可能性もありますので、注意が必要です。
なお、仕事が危険性を伴うものであれば、長期間の休職や配置転換を求めても良いでしょう。

スポンサーリンク

めまいが続く、吐き気や耳鳴りの症状があるという場合、メニエール病であると診断される事があります。
メニエール病と診断された場合には、薬物療法や外科手術などにより症状を抑えることが出来る場合があります。
メニエール病との診断を受けた場合、そして仕事をしているという場合には早めに仕事場に病気のことを伝えるようにしましょう。
休職や有給、疾病手当などを利用して、休養し治療に専念するという方法もありますが、必ずしも常に症状が出ているわけではありませんので、休職期間をどの程度の期間にしたら良いか分からないという場合もあります。
そのような場合には、休職期間については会社側と話し合い、決めるようにする必要があるでしょう。
メニエール病は、完治させることが難しいとも言われている病気ではありますが、初期段階で症状に気がつくことができ、適切な治療を受けることが出来れば、その限りではありません。
とにかく、早期治療が大切なのです。

スポンサーリンク